Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

大型ルアーの大遠投はBRIST MARINO10.6MH

time 2020/01/14

みなさんこんにちは。
鹿児島AUXの田中慎也です。
本格的に冬を迎え、朝晩共に寒くなりました。
ナイトゲームは体に堪える季節となってきましたが、ヒーターベストのお陰で快適にナイトゲームを楽しんでる今日この頃です。
シーバス
シーバス

さて、この時期の鹿児島のメインベイトがコノシロ・カタボシイワシになります。
どちらもサイズは15cm以上なので、ルアーも比較的に大型なものを選択します。
既存のロッドでいえばBRIST comodo6.10XHやBRIST VENDAVAL8.9Mなどありますが、私が狙うエリアは港湾や河川河口部などのオープンエリアなので大遠投が必須となるのでBRIST MARINO10.6MHを選択しています。
軽い素振りだとハリがものすごく強く感じますが、大型ルアーなどを実際にキャストするとFishmanらしくしっかりロッドが曲がり大遠投キャストが決まります。
またバットセクションからティップへ向けて7割付近まで強い芯が入っているので、大型の魚も安心してファイトできますし、足場の高い港湾でも楽々ランディングできます。
シーバス
シーバス

鹿児島は冬の時期から大型魚との勝負になりますので、MARINO10.6MHで色々な釣りをご紹介できたらと思います。
Kagoshima Japan
Seabass
Rod:BRIST MARINO10.6MH
Angler:ShinyaTanaka

関連ページ

BRIST MARINO10.6MH製品ページはこちら
BRIST MARINO10.6MH関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook