Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

大分遠征ナイトゲーム編

time 2019/07/27

みなさんこんにちは。鹿児島AUXの田中慎也です。今回は前回の続き大分遠征のナイトゲーム編です。

大分遠征 デイゲーム編


日中はTester梶原利起氏の素晴らしいガイドでいい魚に出会うことができました。
ナイトゲームは友人と2人きりになり、完全にアウェイの洗礼状態でスタートしました。

明るい時間帯に下見をしてたお陰でなんとなく魚が付きそうな場所は把握済み。
目で確認できるベイトはいなかったので、一通りのルアーを快適に遠投できるBeams CRAWLA9.2L+を片手にいざ釣り場へ!
がしかし、向かってみると前日から降り続いた雨の影響で予想を上回る増水にキツイ濁り。

それでも微かな可能性を信じてキャストを続けるも、まったく魚からのバイトを得られず半分諦めムードでした。
少し下流側にもストラクチャーがらみのいいポイントがありますが『全く釣れない!』と前日に話聞いていましたが、気になっていたので軽い気持ちでキャスト。
すると『コツン!』と軽めのバイトが!
フッキングしてみるといきなりエラ洗いが始まりファイトがスタート!
バイトが浅かった為針がかりが悪いと思い、慎重に魚にストレスを与えないようにロッドの柔らかさを十分に使い、増水で流れも強い中で無事にキャッチできました。
シーバス

シーバス

小さなバイトもしっかり絡め取るCRAWLAのティップ部分と、フック一本しか掛かってない状態でも柔軟なベリー部分が魚にストレスを与える事なく追従し、強い流れでも安心して引き寄せられるバット部分。
CRAWLAがアウェイの地で最高の一本に出会わせてくれました。
Oita Japan
seabass
Rod:Beams CRAWLA9.2L+
Angler:ShinyaTanaka

関連ページ

Beams CRAWLA9.2L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA9.2L+関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook