Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

トップチヌが面白い!2種のロッドでベイトトレーニング

time 2020/05/28

みなさんこんにちは。鹿児島AUXの田中慎也です。
緊急事態宣言以降なかなか釣りに行けず、気付けば5月も終わろうとしています。既に奄美・沖縄では梅雨入りしているので、西日本もそろそろ梅雨入りするのでは?と期待しております。
梅雨の時期に入りますと雨による増水パターンで河川でのシーバス狙いに力を入れるのですが、それと並行して力を入れているのが【トップチヌ】です。
チヌ
春のうちはカニや貝などのボトムのエサを食べている事が多いですが、梅雨時期以降の海水温上昇に伴ってボトムのエサから小魚系のエサを捕食するのでトッププラグで釣れだします。

●フィールドに合わせたロッド選び
*Beams CRAWLA8.3L+

ゴロタ浜などのハードボトムに付いているチヌを狙う場合に使います。6gから投げれるので小型のトッププラグでも十分にキャストが可能です。魚とのファイトでも水深40~50cmのゴロタが点在してるような所では安易に魚に走らせてしまうとラインブレイクに繋がりかねないので、一気に魚を寄せる必要がある時はL+のバット部分の強さで難なく引き寄せられます。

*Beams LOWER7.3L

小規模河川やピンに付いているサイトの釣りに使います。ロッドの自重が132gと軽いので、片手でもオーバーハングに低弾ライナーで打ち込んだりできます。

●ベイトタックルを始めてみたい方へ
これからベイトタックルを始めてみたい方にオススメしたいのがこのトップチヌです。
チヌ
いきなりキャスト練習で遠投などで、バックラッシュや高切れなどのトラブルでベイトタックルに手を出さない方も多いと思います。
トップチヌだと飛距離もいりませんし、日中の明るい時にキャスト練習だけでなく実際に釣りをしながらベイトタックルの感覚を掴む事が出来ると思います。
この夏はベイトタックルをトップチヌから楽しんで見てはいかがでしょうか?

—–

関連ページ

Beams CRAWLA8.3L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA8.3L+記事一覧はこちら

Beams LOWER7.3L製品ページはこちら
Beams LOWER7.3L関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook