Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

例年よりも遅れてやってきた秋のハイシーズンも終盤戦

time 2016/12/28

関東スタッフの松岡です。
例年よりも遅れてやってきた秋のハイシーズンも終盤戦。
皆さんと同様に、僕も秋を楽しんでいます^^
この時期は、一級ポイントと呼ばれる場所はとこも満員御礼状態ですから、例年通り人気少ないシャローを撃って回っています。
個人的主観なので何とも言えないのですが、今年の地元河川はイージーな釣りをしようと展開すると釣れてくるサイズは30〜40cmがアベレージ。。。
アベレージを上げようとすると、少し工夫をしてあげないといけない印象です。
そんな中での一工夫がドンピシャでハマればアベレージは60cm以上へと、一気にアベレージアップ^^
今年は、聞こえてくる話では好釣果な方と苦しんでいる方が両極化している、例年よりも難しい秋。
残りのハイシーズンも楽しみましょう^^
そして、楽しい釣りの後には釣具のメンテも忘れずに。
僕は釣行後は必ずロッドとリールのシャワーでの水洗いを行っています。
これは泥や塩分が乾いて固着するのを未然に防ぐためです。
くれぐれも、温水の使用は避けて下さいね‼︎
リール内のグリスが溶け出してしまいますから><
シャワーでの水洗いが終わったら、綺麗に水気を拭き取り、キャスコン内部とパーミングカップ内部の軸受けベアリングをパーツクリーナーで綺麗に洗浄してオイルを注油。
キャスコン内部のベアリングを外したついでに、更に奥にいるベアリングにも注油だけしてやります。
面倒な作業かもしれませんが、慣れてしまえば10分ほどで終わる作業です。
これは最高の飛距離を維持する為にも必要な事なので是非、試してみて下さい

Takashi Matsuoka
Japan Tokyo
Seabass
BRIST VENDAVAL8.9M

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook