Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

太糸が使いやすいリプラウトにいつも助けられてます!

time 2016/12/29

こんにちは。石川の小嶋です。
北陸は冬が近づいてきましたが、河川の釣りが名残惜しくまだ僕は河川の釣りを楽しんでます。

僕のホームに根掛かりが酷い河川があるんですが、太糸が向くベイトタックルが向くポイントが多数あるのですが、僕の手持ちのベイトリールで太糸を量巻ける機種がない。
そんな時はロングリーダーでlb数の高い太い物を巻くんですが、今時期なら大型に備え最低でも30lb~を巻いています。ちなみに現在は40lb巻いてます。

そこで太糸が使いやすいリプラウトにいつも助けられてます!根掛かりの回収率も上がります。
乱杭、牡蠣瀬、橋脚、テトラ、等ハードストラクチャー周りで多少の擦れは気にしないで獲れる。適度なハリがあり、ルアーの操作もしやすい。
頼りになる相棒ですd(^-^)

タックルデータ
Reel SHIMANO ANTARES AR
Line Rapala sufix 1.5号
Lure APIA H bait

Ishikawa Japan
Sea bass
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:RIPLOUT 7.8ML

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店