Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

今年は3本の70オーバーのブラウントラウトを釣り上げる事が出来ました。

time 2016/12/30

北海道の小川です。

2016年も残り後わずかですね
今年の釣果はいかがだったでしょうか?
ちょっと振り返ってみたいと思います。
正月にいきなり釣れた77センチを皮切りに
今年は3本の70オーバーのブラウントラウトを
釣り上げる事が出来ました。

目標の80センチにはあと一歩及ばす最大79センチ
とてつもないデカさの尾っぽを見たりフック折られたり
しましたがとても満足のいく一年でした。
70オーバーを狙うなら最初から大きい魚がかかっても
獲れるセッティングがおすすめになります。
ロッド、ライン、フック全て70オーバーに耐えれるような
セッティングで挑んだ方がキャッチ率は上がると思います。

ちなみに今メインで使ってるのは
ロッドは
ブリスト5.10LH
PEライン1.5号
リーダー20ポンド
フックはシングルの2番
ブリスト5.10MXH
PEライ2.5号
リーダー30ポンド
フックはシングルの1/0番

MXHは鮭でも釣るの?といったセッティングですが
カバーに突っ込ませない為と流れのある所でも
下流に降らせない為にここまで強くしてます。
リーダー30ポンドでも流れの中にいるので見切られる
など特になく問題がありません。

フックの1/0番は70オーバーなら問題なくルアーが
丸呑みされるので逆にこれくらいデカくないと
中々フッキングが上手くいかずスッポ抜けます。
今までの経験上、70オーバーは食った後に反転してくれずに
こっちを向いたままなのでフッキングすると口をこじ開けて
スッポ抜ける事が多いです。また小さいフックの場合には
刺さりきらずに伸ばされてしまう可能性が高いです。

70センチオーバーを専門に狙ったりする人は中々いないと
思いますが、もしも狙うなら参考にしてみてください。
それでは皆様良いお年をお迎え下さい

Hokkaido Japan
Brown trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:BRIST5.10LH&MXH

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook