Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

この秋冬はVENDAVALのバットがギュンギュン絞られる程のモンスターシーバスを目指して

time 2017/10/31

1週間おきに台風が連続して襲来。
各地で被害を及ぼしましたが、皆さんご無事だったでしょうか?
わたしの近所は、目立った被害は無かったものの仕事場の設備が壊れ、復旧のために忙しい毎日です。
鹿児島も台風通過後から急激に冷えはじめ、会社に通うクルマの中ではついに暖房が必要になってきました。
全国的にも急な寒さがニュースになっているようなので、無理な釣行は控えた方が…
いや、わたしは行きますが(笑)
何せハイシーズンです!
ランカーがバッコバコのハイシーズンです!!
しかし、今年のフィールドはなぁ~んかおかしい…なんかベイトもいないしなんかシーバスのバイトの数も少ない。
どーしたもんか?と川をさ迷い歩く毎日。
全国的なものなんですかね?SNS等で親しくなった方々からも、同じような投稿を多く目にします。
季節進行が遅いだけなのか?今年がハズレ年なのか?…
それはさて置き、せっかくのハイシーズンなので通うわけです!
少ない小さいながらもちょいちょい釣れてくれるわけです!
小さくても掛けたならば必ず捕りたい心境です。
最近の相棒はBRIST VENDAVAL 89M。
素晴らしい飛距離が注目される事が多いこのモデルですが、ファイト性能もパワーと粘りを備えており抜群。
普通のMLクラスのシーバスロッドに比べれば、VENDAVALのバットはゴツく見えますし、実際かなり強いんですが、ティップからベリーにかけてはかなり柔軟で、バイトでもファイトでも結構ベンドが入る設定。
つまり、元気な中型を掛けてもバラシ難いわけです。
ハリハリのロッドならばビッタンビッタンと魚が水面で暴れるところを、ジンワリヤンワリやれるわけです……
いや、本当はランカーをドバドバいわしながらファイトしたいです(笑)
今年は開発の関係で磯ばっかりでしたが、この秋冬はVENDAVALのバットがギュンギュン絞られる程のモンスターを目指して、眠い目を擦りながらの川通いに精を出してみようと思います。
画像は最近の肝属らしくないサイズの肝属シーバス。
そろそろドカーンと…(笑)

Kagoshima Japan
Seabass
Rod:BRIST VENDAVAL8.9M
Angler:Noriyuki Kanmiya

BRIST vendaval 8.9M製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook