Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

落とし込み

time 2020/01/11

こんにちは。
京都の渡辺です。
今回は鯰ではなく、京都北部でのチヌの落とし込みをやってみました。
以前から何度もここへは訪れているエリアです。
護岸のエグレのシェード護岸基礎に付くだろうチヌに対してのフォーリングアプローチからの跳ねや巻きにてタイトに付いているチヌを狙うゲームです。

5gまでのチヌ用のデコイさんから出ているフラッシュボムを用い、ジャッカルさんから出ているチヌムシをSETしたルアーに、Beams CRAWLA6.6L+をチョイスしました。
まずこのロッドはロッド長的にも手返しが良く、軽量ルアーのサイレントアプローチにも長け、アプローチの精度も良いので、
牙城にぴったり付いているチヌに対しての落とし込みの精度!
更にはフォーリング中のバイトやボトムコンタクト時のボトムマテリアルも感知できる感度!
フォーリング中やフォール後のステイからの巻き初め、ボトムでの跳ね!
ボトムを少し切ったレンジでの「スローリトリーブ」等!
様々な場面に対応できるモデルとなっております。
バーサタイルモデルとしても優秀で、突如として現れるフィールドの変化にも対応出来、ミノーイングからキャスティングのライトジギング、更にはTOPまでこなせる汎用性の高さ。
お気に入りの1本です。

足元の護岸のエグレに付いているチヌは警戒心が凄く強く、足音や物音がすれば一切口を使いません。
勿論着水音も殺すことが必要で、護岸から10㎝までを静かに落とし込み、フォール中のバイト!
チヌ特有のあの「コツ…」からの「ゴンゴンゴン!」
あ~たまりません(笑)

その後も同アプローチからのステイ中のバイト、その後のスローリトリーブで追わせてのバイト等で、複数の居付き系チヌ君たちと出会うことができました。
チヌ

チヌ

チヌ
チヌのコツコツバイトもCRAWLA6.6L+は硬すぎずティップが入ってくれる為、弾かずにバイトに持ち込める性をも保持していることもあり、こういった感度重視の釣りにも活躍してくれる頼もしい相棒となりました。
海からは色々と勉強になることも多く、行くのがいつも新鮮で楽しみでもあります。

プラグゲームが「動」の釣りなら、これは「静」アタリを取る釣り。
今年は他魚種にも色々チャレンジしていきたいです。
Kyoto Japan
black sea bream
Rod:Beams CRAWLA6.6L+
Angler: AkihiroWatanabe

関連ページ

Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook