Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

TOPルアーの楽しみ、ハンドメイドルアーで鯰に会いに行く

time 2021/04/21

こんにちは。京都のテスター渡辺です。
こちら京都は八重桜が綺麗に房を広げ
土手では菜の花が一面を黄色く染める時期です!

気温水温上昇の恩恵は僕らの京都でも大いにあります。

「ルアー追いの良い魚」と言えば
誰でも気軽に楽しめるターゲット「鯰」ちゃんです❤️

勿論、釣る為にこだわり、エリア開拓、遠征!
年間通してデイ&ナイト!

シーズナブルパターン等を追いかけると奥が深くなるところもありますが、

「TOPを楽しむ」
「あの捕食音が病みつきになる」
「大きいのが釣りたい」
「数釣りたい」

人それぞれ楽しみ方は違えど「ナマズに出会いたい」という気持ちは皆さん同じだと思います。
そして、そんな中からこんな気持ちも芽生えるんです

「こんなルアーで釣りたい」
「これでもしかしたら釣れるのでは?」

実はこんな気持ちが燻っていた頃
あるモノを美味しくいただいた後に「これもしかして?」と思うモノに出会いました。

それは「メロンアイス」の入れ物に「コップのふ〇子」を入れてルアーを作る!(笑)
早速チャレンジしてみました。

「メロンアイス」&「コップのふ〇子」ルアーの作り方

【作り方】
①水面で転がらないように容器の底の外側に板オモリを貼り付ける

②入れ物の内側に底とアイになる部分に裏木を忍ばせる

③外側からヒートンをねじ込み接着剤で固定する

④ふ〇子を容器のまさにふちに固定し蓋をその部分カット

⑤蓋を接着剤またはシリコン等で固定

⑥底の部分にスイベルとフックSET、ブレード等も同時にSET

⑦一度水面で浮姿勢をテストし完成

面白ルアーで釣る「楽しみ」

これもまたルアーフィッシングの面白さの一つです!
実際このルアーで魚を釣り上げることもできました。
各メーカーさんが色々と面白いルアーを作られていますよね。

そんなルアーを使って楽しみながら釣る、更には記録に残し、記憶に残る。

「遊びのある釣り」鯰釣りこれが愛される理由の一つです。

自宅にいる時間が多い今!是非一度「自作ルアー」
を作ってみてはいかがでしょうか?

一期一会の出会いが良い思い出になると思いますよ♪

普段は5.10シリーズ、6.10MXH「プロト」等で鯰ゲームを楽しんでます。

このルアーはウエイトもある程度ありComodo6.10XHにて使用しました。

流れに乗せて浮かしながら要所要所で「あおり」を入れ魚を誘う感じでHITとなりました!

メロンで旅する一寸法師的な見た目と鯰に襲われて慌てふためく様子は最高です(笑)

また思いついたら何か作ってみたいと思います(^^ゞ

以上、京都の鯰野郎渡辺でした(笑)

ロッド:BRIST comodo 6.10XH
ルアー:自作ルアー(30グラム程)スナップ直付け
ライン:PE4号
エリア:京都
魚種:鯰
アングラー:渡辺明弘

関連ページ


BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら
BRIST comodo6.10XH記事一覧はこちら

イベント

	6/6 トビヌケ植田店様 試投・展示受注会

Facebook