Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

フロッグゲーム

time 2019/06/10

京都の渡辺です。
5月から記録的な高い気温となり、強い日差しが照り付ける最中6月となりました。
水温上昇時、農繁期となる関西方面でも田んぼに水が入ると水路等は濁り、所謂「カフェオレ状態」に!(笑)
この時期になると水生植物等も見る見るうちに生い茂りはじめ、梅雨を終える頃にはヘビーカバーに成長してしまいます。
普段はハードルアーで攻め込んでいたエリアですが、デイゲームの鯰のTOPゲームをするにあたり生きてくるのが「フロッグゲーム」となります。

このゲームで使用するロッドですが、BRISTcomodo6.10XHの出番となります。
春先から梅雨明けまでの軟草のブッシュやライトカバーを想定して選択しました。
comodoの「強靭にして曲がる」「ロングキャスト&ピン撃ち性能」を活かすべく、今回はカフェオレ状態のクリークをフロッグで狙うゲームとなりました。
カフェオレ状態

この水域は、鯰は勿論のこと雷魚やバスも混生しています。
そのため、どの魚がバイトしたとしても、掛けて取り込めるものでないといけません。
水通しの良いカバー周り、軟草のベット状のシェルター等を狙うと次々とバイトが多発!!
バイトの相手は鯰!
フロッグの存在を見つけると勢いよくバイトしてくれます。
「チュパッ!」…1.2.GO!
こういった捕食が下手な鯰でも掛けられるのは、バス用のファインフックのモノが適しているといえます。
鯰を想定したフロッグと合わせで、複数の愛すべき鯰達と出会うことができました。
鯰

もう一つのターゲットでもある雷魚ですが、このエリアの雷魚は人の気配を感知する賢者系雷魚達!
足音、物音、着水音、すべてをマイルドに行わなくてはいけないので、慎重なアプローチが必要になります。
そんな時にcomodoのピン撃ち性能が活きる展開となります。
テリトリーを見つけることから始め、そこへのサイレントアプローチからの誘い!
この誘いにもフロッグのシェイクにも程よくティップが入る為、ナチュラルな動きを演出可能!
気付かれず茂みの揺れを察知し静かに近付き……そーっと接近!
時間を置き、濁りの中、ターゲットの位置、動き等から推測される頭の位置をイメージ。
軽くシェイクした後のステイ…「バホッ!」1・2・3・GO!
渾身のフルフッキングが決まり大型の雷魚が現れました!大興奮!
スリリングなこのゲームを制すことができ、嬉しい出会いとなりました。
雷魚

これからの時期、灼熱のデイゲームでのライトカバーまでのフロッグゲームにはcomodoがお勧めです。
鯰、バズ、雷魚等のフロッグゲームにも対応できる汎用性、コンパクトに携帯できる3ピース設計ながらもかなりの強度と安心感を与えてくれる相棒となります。

その他「BC4 6.10XH」「BC4 5.10XH」も更に携帯性に優れ、フロッグゲームにも対応できます。
6月上旬デリバリーとなるとなるBC4 8.3XXXH、BRISTcomodo8.3XXXXHも楽しみですね!
ヘビーカバーにも対応の2機種乞うご期待です。
Shiga Japan
Catfish , Snakehead
Rod:BRISTcomodo6.10XH
Angler:AkihiroWatanabe

関連ページ

BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら
BRIST comodo6.10XH記事一覧はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/2 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019前夜祭 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019 1/17-19 釣りフェスティバル2020

Facebook