Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。


 

水路の住人

time 2019/12/11

こんにちわ。京都のAUXブラックマン渡辺です。
こちらの京の秋も深まり、紅葉もいよいよクライマックス!
朝晩の気温低下も際立ち、冬めいてきました。

さて、今回の狙いは近県の三重県のある水路に潜む魚群達、ナイル・ティラピアです!
以前にも数回ここを訪れ、数多くのティラピアに出会うことができました。
その中で自分なりの大型個体の狙い方を見つけ、今回もそれを踏まえてエリアに入りました。

この日は風が強いものの気温が比較的高く、狙いの水路は風裏となり釣りには良い条件となりました。
有名スポットには数名のアングラーさんがおられ、楽しまれておりました。
僕の狙いのエリアには誰も入っていないようで、早速そこへ向かいました。
護岸された川幅2M位の水路で、魚に気付かれないように…気配を消しながら…静かにエリアへのアプローチ開始!

今回、使用ルアーは2g~0.6gまでの管釣りスプーン!
ザクトクラフトのエスト青銀0.6gとハイバースト☆サンセットイエロー2.0g。
この2種を使って小さなインレットや水路の合流点、シェード等を狙うゲーム。

ロッドはBeams blancsierra5.2ULでも良いのですが、大型個体の口は思いのほか硬い!
狙いを大型に絞る為に前回の事を踏まえ、オーバースペックながらBRIST 5.10LHにアルデバランBFで軽量スプーン等を用いチャレンジしました。

水面でパクパクとしているのが遠くから見えるので、その向こうにキャスト。
エストを静かに表層近くをスローで引くと、果敢にスプーンを追い回しHIT!
ティラピア
25~30㎝アベレージサイズ!
数匹釣ると水面から沈む為、今度は少し休めるためにエリアを移動しながらレンジを変えて2gで再度流すとBIGサイズがHIT!
ティラピア
ティラピア
40㎝クラス、更には40㎝後半の大型サイズを獲ることができました。

軽量スプーンでのアプローチはシエラがお手の物ですが、LHでもアルデバランBFの恩恵もありキャストも安定しました。
掛けてから安心のファイトで大物を獲るべくLHを使ってのゲームを選びましたが、意外にも0.6gがキャストできLHの汎用性がここまでかと驚きました。

Beams Xpan4.3TSやシエラでのキャストフィーリングからのゲームも
かなりエキサイティングなゲーム展開が可能となります。
これからの冬季のシーズン、彼らが暮らす環境のある全国のエリアにて
大いに楽しめるそんなティラピアゲーム!
是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
Mie Japan
Tilapia
Rod:BRIST 5.10LH
Angler:Akihiro Watanabe

関連ページ

BRIST 5.10LH製品ページはこちら
5.10LH関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

8/22~23 新潟ルアーフェスタ2020

Facebook