Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

気温上昇で鯰もワッショイ

time 2020/02/28

こんにちは。京都の淡水野武士、渡辺です!(笑)
先日行われた大阪フィッシングショーにご来場された皆様、ありがとうございました。
お陰様で皆様のFishmanに対する熱い思いを肌で感じるという良い経験をさせていただきました。

さて。
今年に入り、暖冬の影響が1月、2月と10度を上回る気温の日もしばしば。
冬季の鯰釣は基本お休みしているのですが、14℃…そして19℃!
これは挨拶に行かないと!
そうです!僕の友人でもあるナマズ達に新年の挨拶をせねば…(笑)

春さながらの気温の上昇に驚かされると共に、その恩恵がもたらす浅場の水温上昇に伴う鯰達の活性上昇。
先日降った暖かい14℃の雨のお陰で、シャロークリークの水温が爆発的に上昇し、お蔭様で高活性な鯰を複数キャッチすることができました。

今回は、ドシャロークリークのショアラインに生える、軟草のライトカバーのエッジやポケットを撃つゲームからのモグラ叩き系でのアプローチ!
着水音も静かにサミングで落し、要所要所を丹念に撃つスタイル!
低活性時の釣りではショートバイト等が多発する為、BRIST 5.10LHやBRIST MARINO8.0Mといった柔の乗せロッドを使います。
これによりバイトを弾かず絡め取り、巻き合わせで対応し、動きに合わせてロッドが追従することでバレも軽減!
ハイシーズン前で少しフライング気味ではあるものの、早春のナマズゲームを楽しむことができました。
ナマズ

僕らが行うのは基本トップでのナマズゲーム。
皆様のお近くの水路や川でも多く見られる鯰ですが、ナマズをただ釣るというのはさほど難しいことではありません。
食い意地の張った食欲旺盛な反面、捕食の下手な鯰達!
捕食下手に合わせたにナマズと遊ぶ一つの手段がトップゲーム。
人間側があえてトップを使うことで難易度を上げて楽しむ遊びのある釣りです。
ナマズ達の捕食の時のバイトシーンや捕食音など迫力あるものです。

ゲームフィッシュとしても成立するジャパニーズフィッシュイーター「ナマズ」。
ナマズ
ナマズ
そんな素直な鯰達との出会いの一つナマズ釣り。
是非、皆様も一度お試しください。
素敵な出会いがきっとあると思いますよ!
Kyoto japan
Catfish
Rod:BRIST 5.10LH
Angler:Akihiro Watanabe

関連ページ

BRIST 5.10LH製品ページはこちら
5.10LH関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook