Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

ウインターカープ

time 2020/02/04

こんにちわ。京都の茂み野郎、渡辺です。
冬季の寒い時期でも元気な魚が、皆様のお住いの近くの河川や水路でヤツを見かけることがあるかと思います。
今回は鯉。真鯉を狙いに行って参りました。

鯉は吸い込みやパンゴイがポピュラーな釣り方ですが、大きな鯉、色鯉、あの鯉を釣りたいと思う時、皆様もありますよね(笑)
多く鯉のいる上流からポイポイとパンを投げて餌を食べたら針付きの餌を流して釣るパンゴイ釣りに対し、そんな鯉に対して1度のチャンスで、有効的な狙って釣る釣り。
疑似餌を使い、狙いの鯉を狙えるのがこの釣りの醍醐味です。

雨等や水面を意識して餌をもらってる鯉や流れモノやゴミを貪る鯉とは違い、天然で育ち自然の餌を食べているそういった鯉等が今回のメイン。
KYOTOFLYさんのオリジナルフェザージグの直リグタイプを用いました。
鯉との間合い、気配、サイレントキャスト、食わせのラインが重要。
人の気配がすればこの釣りは成立しません。
簡単に決まる場合もあるものの、タフな条件下で苦戦を強いられる。
猛者に出会うことも度々!そんな自身のライバルをどう向き合うか!

5.10LHは小場所での取り回しは最高ですが飛距離が欲しい展開では少し短い為、今回選んだのがBeams CRAWLA6.6L+。
バーサタイル性能をうたうこのモデル!
ベイトフィネスとしても優秀で自身が使うベイトリール、ジーニアスProject GRAVIUSとの相性も良し。
快適に狙いたいところへのアプローチでき、ある程度のロングキャストもでき、幅の広いゲーム展開を可能とするライトバーサタイルロッドです。

水の色、流れ、水深を見ながらのルアーのカラーを選び、鯉の意識がこちらにないことを確認した後GO!です。
真鯉
真鯉
鯉にラインの存在を気取らせず、ルアーを操作することが重要です(笑)

皆様もこの時期、是非身近にいる愛すべき川の主「真鯉」を真剣に狙ってみてはいかがでしょうか?
真鯉
きっと素敵な出会いが待っていると思いますよ。
Kyoto Japan
Carp
Rod:Beams CRAWLA6.6L+
Angler:Akihiro Watanabe

関連ページ

Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook