Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

冬季のフィールドワークは主にライトスタイルのロックフィッシュゲーム

time 2018/01/05

謹賀新年、宮城の目黒です。本年も宜しくお願い致します。さて、私の冬季のフィールドワークは主にライトスタイルのロックフィッシュゲームなのですが今年はベイトタックルオンリーで通しています。風が強い時等はベイト歴の浅い自分には多少なりのバックラへのプレッシャーがありました。

しかし何でしょう…

今は全く気にせず楽しめています。

バックラを全くしない訳ではないのですが一晩ロッドを振っていても殆どしないのには正直自分も驚きです。リールは新旧アルデバランBFSをギア比で使い分けていますがやはり技術の進化とは凄い物で新型はより快適に精度の高い釣りが出来ますし現在使い込んでるBeams inte 7.9ULとの相性も抜群でこの組み合わせはどんな方でも快適に扱えると思います。

この日もジグ単やマイクロジグ、スモールプラグでメバルと戯れていました。
しかし、ライトゲームと言えど宮城という土地柄、港湾部でも時にはそれなりのサイズの魚が出る事があります。
今回もメバルの中からこんな魚がズドンっとお目見えに…

メバルに比べたら正直引きは段違いですがベイトリールならではの巻き取りトルクと見た目からは想像の出来ないinteのバットパワーで難なくキャッチ出来ました。

時に50upなんてモンスターもヒットする宮城のライトゲームには繊細なのに強いinteが物凄く合っていますね!
さて、これから宮城は年間で1番寒い厳冬期を迎えますがトロフィーサイズを探しにあちこち走り回りたいと思います!

Miyagi Japan
Japanese sea perch & Black rockfish
Angler : Takehisa Meguro
Rod : Beams inte 7.9UL

Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook