Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

inte+ジグ単=可愛い仲間たち

time 2019/08/14

こんにちは!テスターの山田です!
さて、今回もライトゲームのお話しを。
「お手軽に魚と遊びたい!」と言う時、人はライトタックルを手にしますね。(私だけ?)
Fishmanロッドで1gのジグ単を投げる釣りでBeams inte7.9ULと言うロッドがある訳なんですが、バッサリ言うと、単に1g程のジグヘッドをキャストするだけならスピニングタックルがオススメ。(笑笑)
では何故ベイトで極小ジグヘッドを投げなくてはいけないのか?
それにはまず、私の釣り方をお話ししなくてはいけません。

単刀直入に言ってしまえば、私が狙うポイントはズバリ「岩礁帯のボトム」や、「切り立った舟道のエッジ」だったりします。
時には「ウィードジャングル」にぶち込みます。
岩岩の連なるヘビーボトムと言っていい程の荒々しい岩礁ボトム。
2メートル程の大岩の向こう側。
そして、3メートル程一気に駆け上がる舟道のエッジ。
更にはウィードジャングル。。。。
この様なポイントは小魚が身を隠したり、エサを捕食するのに適した場所ですね。
この様なポイントは魚達も無警戒でエサを捕食しています。
当然釣りやすい魚が居る訳です。

しかし、問題になってくるのは根ズレ。
PEにしてもエステルにしても、メインラインがコレ等に触れた状態でバイトされるとラインブレイクは必至。
カサゴなんかホント大変(汗)

メインラインを太くする?
いやいや。(汗)
メインラインを太くすればするほど飛距離は落ち、水中のルアー感度や操作性が著しく落下していきます。
しかも1g程のジグ単などでは、メインがPEでしたら0.4号くらいが限界かと思います。
あ。因みに今Fishman PEの0.4号のプロトラインを使っていますが、なかなかの使いやすさですよ。
更なる完成度upが楽しみですね。

話を戻して。
では根ズレによるラインブレイクを防止するにはどうするか?
勿論、リーダーを長くするしかありません。
しかもボトム狙いでしたらフロロカーボンのリーダーになると思います。
私は最低でも2ヒロ。
アドバンテージを取って3ヒロくらいまでのロングリーダーを取ります。
私はバス用のフロロカーボンラインの3lbを使っています。
このラインならば、ロングリーダーでも経済的。

しかし問題となるのは、根掛かり時にロングリーダーを水中に残してしまう事。
水中分解しづらいフロロカーボンラインを水中に残してしまう事は、良い事で無いのは皆様も想像出来ると思います。
なのでリーダーとの結束はシッカリと。
私はリーダーとメインの結束はFGノット。
リーダーとジグヘッドとの結束はパノマーなどの強いノットでは無く、敢えて弱めのユニノットにする事で、根掛かりを切る時なるべくリーダーとジグヘッドの所から切れる様にしています。
ライトに限りませんが、この様な配慮もしておくと、フィールドの為には良いのかな?と思っています。

勿論、ジグヘッドの鉛を残すのもとても良くない事です。
付いてるワームもなかなか水中分解しません。
閉鎖的な水域のバスの世界では生体分解のワームのトーナメント使用等、環境面の配慮はソルトより進んでいますね。
ソルトも多少は生体分解ワームが出ていますが、この面ではまだまだと言ったところでしょうか。

おや?またまた話しが外れてしまいましたが。。。
なんの話でしたっけ???

そうそう。ロングリーダーですね。
さて、2ヒロ3ヒロのロングリーダーをスピニングタックルでセットするとどうなるのか?
スプールに巻き込んだリーダーのノットは、スピニングタックルのキャストにはストレスでしかありません。
数キャストに1回くらいはスーッとキャスト出来るでしょうが、巻き込んだノットはキャストの妨げになる事がほとんど。
私ならむしろ、小口径スピニングライトタックルガイドの中にすら入れたくありません。

ところがベイトタックル、即ちベイトリールと言うのは構造上、ノットをスプールに入れ込んでもキャストの妨げにならないのです。
スピニングタックルでは出来れば組みたく無いロングリーダーを、ストレス無く使えるのがベイトタックルの1番の強みです。
コレならばヘビーボトムを勇敢に攻める事が出来ます。
そして、愛らしくも美しい様々な魚種達と遊ぶ事が可能になります。

さて、こんな感じで日々私は魚達と遊んでいる訳ですが、1番大切な事はライトタックルで釣れる魚は小型な事が多いです。
即ち稚魚。






楽しませてくれたヤンチャな稚魚達は今後の大切な地球の財産。
無駄に持ち帰ったり殺してしまう事は、大切な財産を後世から消し去ってしまう事にもなりかねないと思います。
しかも、カサゴやメバル等は成長スピードも著しく遅い。。。
楽しませてくれた稚魚達の取り扱いには十分な配慮をしてあげて頂きたいと願っております。

ではでは。
お手軽だけど奥の深いライトゲーム。
皆様もinteで楽しんで頂ければ嬉しいです。

inteで軽いジグヘッドを使った釣りの動画も有ります。楽しいですよ!
⬇︎⬇︎⬇︎

Fukui Japan
fry
Rod:Beams inte7.9UL
Angler:DaisukeYamada

関連ページ

Beams inte7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/26-27 山本釣具シーバスパーティー

Facebook