Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ライトにガッシー

time 2019/04/25

こんにちは。千葉テスターの山田です。
今年の春は四月なのに雪が降ったり、夏日になったりと三寒四温も極端ですね。
しかし、桜も長く咲いて素敵な春を感じられました。
釣り物に関しては天候に合わせたターゲットのチョイスが難しく、何を狙いに行こうかと悩んでしまう日が多かった月でした。
そんな時は春の香を感じながらBeamsinte7.9ULの兄弟ロッドのTres SABIOを一本車に積み込み港湾部でチョイ投げ。

日中はまだまだ魚の気配は薄いのですが、ディープエリアを責めると元気なカサゴ(ガシラ)達が遊んでくれます。
カサゴ
カサゴ
6gのシーライドミニなら40カウントくらい落としてやんわりとリフト&フォールさせて10m程のボトムをネチネチ責めるのですが、この時のラインセッティングはPE0.3にリーダーを1号2ヒロ。
ボトム感知の優れたSABIOでも、10m程のボトムを感じながらの釣りでは極力細いラインが有利。
しかしフラットボトムを責めるわけではないので、ある程度のリーダーの長さは必要になります。
状況によってはフロロリーダー2号を5mくらい取っても良いと思います。
こうする事によってディープエリアでも、ルアーとロッドを直線に近い状態にする事が出来ます。

面白いのはカサゴ(ガシラ)と言えどもその日その時のパターンがあり、テキサスリグでボトムベッタリの時が良い時、ダウンショットでボトムを少し切った時、メタルジグでシェイクしながら誘い上げた時、ボトムワインドした方が良い時、ジク単のスイミングが良い時、等々、様々。
なかなかのゲーム性の高さについつい夢中になってしまいますネ。
カサゴ

ゴールデンウィーク。
初夏すら感じられる気持ちの良い空の下、足場の良い漁港周りで子供達はサビキで遊び、お父さんは隣でライトゲーム。
そんなプランも連休中に入れてみてはいかがでしょうか?

Chiba Japan
Rockfish
Tackle:TresSABIO
Angler:DaisukeYamada

関連ページ

TresSABIO製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/5-6 上州屋上越店・新長岡店展示受注会 10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019

Facebook