Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

「Beams LOWER8.6Lプロト」インプレ

time 2019/07/31

こんにちは!テスターの山田です。
梅雨のジメジメした季節ですが気候も暖かくなり、様々な魚種と出逢えるチャンスが増えてきた今日この頃。
最近私が楽しんでいる釣りは、ライトショアジギング。





ロッドはBeamsLOWER7.3Lのロングレングスバージョン、《Beams LOWER8.6Lプロト》です。
アキュラシー性能の高いFishmanロッドの中でも、誰にでもライトルアーを気持ち良くキャストする事が出来るLORWERの長尺バージョンです。
長尺と言う事で、更なる飛距離とリフト&フォールの幅が広がる事により、メタルジグやパイプレーションでの操作性アップが期待出来るこのモデル。
やはり私はデイゲームのショアからの遠投のジギングに使ってみたいモデルです。

合わせたリールはDaiwa STEEZ SV TW。
使うジグは3~15g程の軽いBlueBlueのSeaRidemini。
ポイントも足場の良い防波堤がメインになります。

筆頭すべきはこのロッドの飛距離!
メタルジグと言う事も有りますが、まあ~良く飛ぶ事。
6gのジグでも、軽く60mは飛んで行きます。
LORWERは「恍惚キャスト」と言うキャッチコピーのロッドですが、このプロトタイプのジグが、夏空とコバルトブルーの狭間を気持ち良く切り裂いて行くその恍惚さ加減は「脳内、爽快」。

様々な魚種を狙う事が出来るメタルジグですが、メタルジグの操作方法と言えばやはりフォールのアタリを取る事がキモとなります。
感度の面でもついばむ様なカワハギの微かなバイトも、ビンビンと手元に伝わって来ます。
そして魚が乗ってからの大きく弧を描くベンドカーブに、更に「萌え」てしまいます。





曲がるからと言え、弱い訳が無いのがFishmanロッド。
尺越えのキジハタや、40オーバーの真鯛のキツ目のファイトもアングラーに主導権のアドバンテージを保ったまま、ランディングする事が出来ます。

今後は、プラックバスやシーバス、イカなどにもドンドン使って行きたいと思います。
発売が楽しみなロッドがまた一本出来そうですよ!
Fukui Japan
Tackle:Beams LOWER8.6Lプロト
Impressions of Protorod
Angler:DaisukeYamada

関連ページ

Beams LOWER8.6L関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook