Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

苦悩の魚探しとロッドセレクトのお話

time 2019/12/07

こんにちは!テスターの山田です!
今日は11月の苦悩の魚探しと、それに伴うロッドセレクトの話。

この時期、シーバスは産卵直前の状態の荒喰いの状態なのでしょうが、急激な気温低下と、冷たい雨によってなのか、移動が早いのか、活性が低くなっているのか…?
とにかくバイトの出ない、非常にタフな日々が続きました。
本来ならば、河川ならば落ち鮎、その他にコノシロと言った比較的大型ベイトに合わせた大型ルアーセレクトをして行くのですが、コレならばBRIST系のVENDAVALやMARINO、comodoと言ったところ。

しかし、ビックベイトだけでは攻略が難しい状態。
小型ルアーもキャストしなければならない。
大場所では飛距離も欲しい。
そんな場合は、この中では1番ティップの曲がる乗せ調子のBRIST VENDAVAL8.9Mです。

飛距離だけを取るならばBeams CRAWLA9.2L+もアリなのですが、ビッグベイトの遠投の事を考えるとベンダバールに任せた方が安心と言う考えです。

さて小場所ではどうなるのかと言うと、飛距離は要らない。
低水温とプレッシャーを考えると、使用ルアーもビッグベイト一辺倒とはいかないので、使用ルアーも中~小型ルアー中心にシフトする為に、パワーロッドよりもBeamsセレクト。
アキュラシーを考えるとBRIST MARINO8.0Mもアリなのですが、ショートバイト対策も考えるとBeams CRAWLA8.3L+となる訳です。




クローラー8.3L+ならばアンダーのチョイ投げビッグベイトも可能ですし、中~小型ルアーはクローラーの専売特許みたいなところですから。
因みに、シーバスホゲてからのイカ釣りルートもクローラー8.3L +が有ると助かります。

あと、本当に抑えとして車に忍ばせておきたいのはBeams inte7.9ULですね。
釣れないシーバスゲームの疲れを癒してくれるのは、結局ライトなお魚達だと言う事です(笑)




この様に今の時期車に搭載しておくロッドは、ベンダバール、クローラー8.3L+。
そして、こっそりinte。。。。で、決まりです!
(あれ?ライトなお魚写真の方が多いような。。。)
Fukui Japan
Tackle:BRIST VENDAVAL8.9M , Beams CRAWLA8.3L+ , こっそりBeams inte7.9UL
Angler:DaisukeYamada

関連ページ

BRIST vendaval8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval8.9M関連記事はこちら

Beams CRAWLA8.3L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA8.3L+記事一覧はこちら

Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook