Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

ジョイクロ釣法

time 2020/11/19

こんにちは、広島のほせお(山﨑)です。
ようやく気温も下がってきだし、秋の気配が漂ってきましたね。
水中でも秋の兆しが見え、噂ではコノシロ祭りが開催されているとのこと!
 
だがしかし、今年の広島市内河川の競争率は異常なレベルで全然ポイントに入れない…。
諦めかけてたらこの日はたまたまfishmanAUXの木村くんが場所取りをしていた所へ遭遇。
 
よし!こんな時は必殺!
先輩の権力を使って横取り!!(笑)
(優しい木村くんが快くお邪魔させてくれました)
 
 
とまあ…だべりながらポイントを見ていると、コノシロの群れが追われている。
おお!!こりゃ激アツじゃん!
そこでお邪魔させてもらったお礼に、ジョイクロでの食わせの釣りをレクチャー。

流れに乗せて運んでいきそこからテンポよくティップで弾きヒラを打たせながらジグザグと動かす。
 
「だいたいこの辺で食うよー」
 
ギラッ!と宣言通りHIT!
 
 
教えたとおりに釣ってもらい、ちょいとスレてきたら流れに綺麗にのせたあとにヨレに運ぶ。
すると下からシーバスが追尾。

ティップで弾くたびにギラッ!ギラッ!とサイトフィッシング
 
そして最終的にゴン!
シーバス
 
7.5Hはティップをなるべく柔らかく、なのにハリを持たすように設計しています。(次のプロトは現プロトよりティップをちょっとシャープにします)
あまり柔らかすぎるともたつくし、アクションをつけにくい。
しかし硬すぎると、今度は軽いルアーの使い勝手が悪い。
どちらも相反する性質だが、そこのバランスをどうとるかが7.5Hを作るの事で1番苦労しているところだ。
 
 
さてさて、そんなこんなでコノシロパターンでよく釣れたと思えるような釣果だが、実に残念な事に気付いてしまった。
シーバス
シーバス
これは完璧なコノシロパターンではない、イナ付きのシーバスだ…。
正確に言うとイナとコノシロの混合ベイトでイナが強めなのだが、このパターンだと非常に安定せず、落差が激しい傾向がここ数年ある。
 
ここ数年、くすぶっている広島の秋。
昔みたいに釣れ盛る事はもうないんだろうなあ…と悲観にくれている今日この頃です。
 
 
フィールド:広島市内河川
魚種:シーバス
ロッド:BRIST comodo 7.5H
アングラー:山﨑純典

関連ページ

BRIST comodo7.5H関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook