Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

広島市内河川奮闘記 上げ潮の部

time 2020/11/25

こんにちは、広島のほせおです。
前回の釣行の時に思った通り、不安定な状況となった広島県。

ジョイクロ釣法


一度完全にベイトもシーバスも抜け去りデスリバーに…。
しかし不安定と言うだけで必ずまた戻ってくる。
そう思い睨みをきかせ、この日だろうと思いポイントへ。
 
 
潮は小潮とあまりいい潮ではない。
だがしかし、ポイントを覗いてみるとコノシロの他にチラホラとイナっ子がいる。
 
あちゃー、これはまたもや混合ベイトだわ…。
 
このような流れがよく効いている時はイナっ子パターンになる事が多い。
 
案の定わしゃわしゃとやり出しそこら中でボイル祭り。
でも、無視
指を加えて眺めながらも…無視
どうしても投げたくなる衝動にかられるけど……無視
とにかく無視するのが1番大切。
(心が弱い私は誘惑に負けて3投しました)
 
 
そしてボイル祭りも終わり潮が落ち着いてきたタイミングでモジりだす水面!
 
来た!!このタイミングや!!
 
選んだルアーはペニーサック。
混合ベイトやまだコノシロが元気に泳ぎ回っているシーズン初期に強い事が多いルアー。
(20cmくらいのペニーサックを熱望)
 
 
すかさずモジった場所へキャスト!!
 
ゴン!
 
狙い通り呆気なくHIT!
この力強いバイトは間違いなくコノシロ付きの魚。
 
なかなかの突っ込みを見せてくれるも、7.5Hの柔軟だが力強いベリーで耐える。
そして手前に寄ってきた魚はまあまあなサイズ。
 
 
よし、ランディング…と言うところでトラブル発生!
オーシャングリップが開かない!?
突然このタイミングでぶっ壊れてしまい、かなり難儀しながら素手でランディング。

そのせいでファイトに時間をかけてしまいもう1匹追加した頃には地合い終了。
なんてタイミングが悪いんだ(泣)
 
広島の地合いは短い…10分もない事がほとんどである。
ちゃんと準備確認しとかないとこんな感じで痛い目に遭う。
 
 
そんなこんなでコノシロ付きに的を絞って捕獲した魚は、88cmのランカーシーバス!


イナ付きを無視して、その後に訪れるコノシロの地合いに動き出す魚をスレさせないやり方。
その名も、『煩悩よさよなら釣法』(誘惑に打ち勝つ強い心を鍛えられます)
 
精神鍛錬を終え心と身体とオーシャングリップをボロボロにして強制的に釣り終了(笑)
アカメやランカーシーバスを何十、何百匹と仕留めてくれたオーシャングリップ2510HD。
7年間、こんな荒い使い方の俺に付き合ってくれてありがとう!
 
後半に続く
 
 
フィールド:広島市内河川
魚種:シーバス
ロッド:BRIST comodo 7.5Hプロト
アングラー:山﨑純典

関連ページ


BRIST comodo7.5H製品ページはこちら
BRIST comodo7.5H関連記事はこちら

イベント

次回イベントをお待ちください。

Facebook