Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

元旦フィッシュもランカーシーバス

time 2019/01/15

広島の山﨑です。
忘年会ラッシュを終え、ようやく釣りに出れる正月休み!
年越しの打ち上げを終え元旦の夜。
新年初釣りに行ってまいりました。

状況はさっぱり、一からの調査。
激渋の広島でランカーを釣るにはどこがいいのか…。

結局出れたのは干潮潮止まり直前…。
先行者の方がいたのでオープンエリアへ。
ほんまに釣れるんかいの…。
と思いながらも、狙うはランカーサイズだったのでジョインテッドクローをチョイス。

現場についてみると状況的にはイナっ子、コノシロ時々な感じ。
だがしかし、年の瀬という時期的なものもあり移動が早いイメージ。

これはタイミングが大事だぞ…。

通ってないためパターンもよく分からない。
とりあえずスレにくいアップの流し~クロスでの流し、ダウンでの巻き等順番にやっていく。
そしてクロスからのL字ドリフトで流してると…。

パッコーン!!

とボイル!

うお!あそこでた!!

と思ってたら自分のジョイクロにでてた(笑)

去年の後半からBRIST7.5Hをテストしまくっているのだがこのロッド。
実は秘めたるパワーもあるが魚を追従する能力が高い!
汎用性を高める為に先端部を弱くしたのと鞭のようなしなりを求めた結果、このようないい副作用が生まれた。

新年1発目だししっかりと弱らせキャッチ。

元旦フィッシュはジョイクロをがっつり咥えたランカーシーバス。

まだまだ改良していく7.5H、今年のFS等でも展示する予定ですのでみなさん是非お手にしてみてください^^!!

今年もよろしくお願いします^ ^
シーバス
シーバス
Hiroshima Japan
Seabass
Rod :BRIST7.5H プロト
Angler :Toshinori Yamasaki

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook