Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

天然記念物ゴギを釣るため標高の高いエリアへ。そのはずが…!?

time 2019/10/17

こんにちは、広島テスターの山﨑です。
この日は渓流初めての友人を案内するため山へ。
とは言え、自分もそんなたくさん渓流来てる訳ではないので対して案内できないが…。

とりあえず渓流の楽しさは、何と言ってもピンの場所へ上手くキャストが決まり良いコースを描けた時にたくさん追尾してくる姿が見えるとこ!
様々な楽しさが味わえる渓流のルアー釣りをより楽しんでもらう為友人にBeams blancsierra5.2ULを貸してあげて、まずキャストを楽しんでもらう事に。

言ってる側からビシバシ良いところにキャストを決める友人。
「この竿おもれー!!めっちゃ決まる!」(うん、俺より上手い…(笑))

この日は夏真っ盛りで晴天続きだった為か、どうも反応が良くない…。
いつもの様にガイドだと言うのに友人を放置して先々行ってると…呆気なく友人が良型を釣った(笑)
その後もバイトをどんどんとっていく友人…対する自分は全然釣れない。
ここまでキャスト精度一つで渓流って違うのか…とテスター失格な感情を抱きながらもやってるとタイムリミットが。

最後は友人に広島の天然記念物ゴギを釣ってもらうために、標高の高いエリアへ。
そして空気を読まない僕がゴギを釣る(笑)
ゴギ
ゴギ
友人もバイトはあるのだがどうものらない感じらしい。

ふむふむ、さては…。
友人が根がかりした隙に、シンキングからヘビーシンキングミノーへとチェンジしキャスト。
すると淵の奥から茶色くデカい個体が猛烈アタック!!
blancsierraがグニョグニョ曲がるもしっかりとしたバッドパワーで抜き上げ。
この重量感はかなりの大物のゴギだ!!とゴギだと信じて疑わなかった魚はまさかのヤマメ!
ヤマメ

ヤマメ
かなり標高の高いエリアだったので、ヤマメがゴギと共存してるとは夢にも思わず。

尺いったろ!と思いきや残念ながら泣き尺。
でも体高があり太く、色も天然物特有の美しい柄の魚で感激。
この日をもって今年の渓流釣りは終了。

友人にも新しい釣りの楽しさを知ってもらえたようで満足な釣行となりました。
blancsierraはいつもの釣りをより一層楽しく新たな扉をあけてくれる最高のアイテムだぜ!
Hiroshima Japan
CherryTrout
Rod:Beams blancsierra5.2UL
Angler:Toshinori Yamasaki

関連ページ

Beams blancsierra5.2UL製品ページはこちら
Beams blancsierra5.2UL記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook